渦   chaos☆

渦  のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

渦  

2000年  デニ・ビルヌーブ作

カナダ映画。一癖あるカナダ。
デヴィッド・クローネンバーグを生んだ国。
数年前、TVの深夜放送で度々観る事があった「渦」。
特別に素晴らしかった記憶は無いのに、どうしても
また観たい!と、永らく思っている。
フツウに生きているのに、地味に立続けに、問題がおきる。
それに立ち向かう訳でも無く、逃げる訳でも無く
ただ目の前の事を片付ける様なストーリー。
フツウのお話のはずなのに、何か違う。
カナダパワーだろうか。。。
タイトル(邦題)「渦」というだけあって、「水」が
アナザーキラーチューンになっている。
低俗誌のとある“気(って何だし!)占い”(!?)では
必ず「水」という結果になるアー。
どうにもこの映画が気になってしまうあたりでは、
満更ハズレでは無いのかも!?と思えたりする。
マイナスイオン(って何だし!)ぶりぶり映画。
ラストのサウンドトラックセンスに泣けた記憶あり。
くらあーい映画がギュッと締まりました。
よく耳にするけれど、曲名がわからない。
(多分「グッドバイ・サンシャイン」タイトルは暗いじゃん。。。)
センスというか、ギャップ。

大ブーイング→リリースされているパッケージには、それを目にすると
ぜってえ観ない!と思う様なサブメッセージが書かれているじゃないか!
何でそういう、余計で無駄な事ばっかりするんだ!?
映画貸し屋でそのパッケージを先に見ていたら
永遠に見る事の無かった映画。クワバラクワバラ!
0608112d184101.jpg

スポンサーサイト

2006年08月11日 路ムービー トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。