アモーレス・ペロス chaos☆

アモーレス・ペロスのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アモーレス・ペロス

1999年  アルハンドロ・ゴンザレス・イニャリトウ作(なげぇ名前。。。)

メキシコ映画特有のドロッちい暑苦しさ充満。
どうやら3作品入りのオムニバスらしいが、1作に思える程巧い。
アー一押し、ガエル・ガルシア・ベルナル主演。
この頃は、まさかゲバラ役で一躍ヒーロー(?)になられるとは
夢にも思わなんだよ。。。
イイ男度でいえば、アーの中では不動のナンバー1。
しかし、甘い!甘い!!甘過ぎる!!!
もっともっと頑張ってほしいところです。まだまだ大人し過ぎます。
いずれ、何処ぞやの変態監督の手にかけられ、違う方向に
めちゃくちゃに飛躍してほしいところです。。。
アモーレス・ペロスでは、ただただツイていない男子の役。
こういった男子は、何故存在するのでしょうか。。。
ツイてない人と一緒にいると、こっちまでそうなりそうなので
勘弁して頂きたい。がモットーなので、回りには居ません。
いくらイカス人であろうと、ツイていないだけでブブブーーーーッ!!!!
そのせいで、映画は一貫して嫌ぁーな感じです。
面倒臭い人しか出て来ません。
いちいちうまくいかない中で、ギリギリのところでストーリーが交錯。
ラース・フォン・トリアーとは、また別の悶々感。
面倒臭いしダルイですが、時々シブイ箇所も在り。
そして割とバイオレンス。

東京国際映画祭グランプリ受賞

0608102d191640.jpg

スポンサーサイト

2006年08月10日 路ムービー トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。