COMING HOME chaos☆

COMING HOMEのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

COMING HOME

1978年 ハル アシュビー作
邦題「帰郷」

ジャックニコルソン主演の、「さらば冬のかもめ」の監督。
出だしはバリバリのニューシネマだが、だんだんだるくなる変な映画。
『ベトナム戦争その後』というテーマで進行。
人妻の横恋慕ばなしだが、夫役にマルコビッチ、負傷兵役に
ジャックニコルソン、主演のおばちゃんがジェーンフォンダ以外
だったならば、もっともっと最高の映画だっただろうな!
ただ、一貫してストーンズの中では静か目な、アーのタイプの
ストーンズ(FLOWERS)が流れていたのは大変よかったです。
オープニングとエンデイングでのOUT OF TIMEが泣かされました。
こんなにニューシネマにピッタリな曲は、他にあっただろうか。。。
ストーンズでは三本指に入る、一番ぐらいに好きです☆

MGBCA17253_l.jpg

スポンサーサイト

2008年05月10日 ニューシネマ トラックバック(0) コメント(2)

浜村淳さんがラジオであんまりやかましく推薦するもんで、ロードショー観に行ったのですが、浜村さんがゆーほど面白くありませんでした。(この他浜村さんに騙された映画は「ジョニーは戦場に行った」ってーのがある)

ジェーンフォンダが全然エロくなかったのが一番の残念(この人に期待することはそれのみです)。ジャックが出ていたのも知りませんでした。そんな印象の薄い映画でしたが、最後に「OUT OF TIME」を鳴らすもんで、糞号泣。ん~もぉ~イケズぅ~!

でもハル・アシュビーさんは感動庭師映画「チャンス」と感動STONES映画「レッツ・スペンド・ナイト・トゲザー」そしてそしてゴールデンホーンのパンチラ映画「シャンプー」とゆー実にイイ映画ばかり作られてるじゃあーりませんか~なので許す。地味で静かなイイ感じの空気感に共通点があるのですね

2008年05月13日 モレシコ URL 編集

モレさん違うのですよ!
アーの文章がおかしかっただけで、ジャックもマルコヴィッチも出演していないのです。出ていて欲しかった!と悔し涙を流した感じです。。。
out of timeは、本当に名曲中の名曲でございます。
泣かされるのが面倒くさい、そんな暇あったら他に回したいアーを、泣かす歌です。
「チャンス」も随分前に借りて拝見しましたが、日記を綴るのを怠っているうちに感想を忘れてしまいました。残念です。
ゴールデンホーンは、実にカワイイです☆
「続 激突!カージャック」(スピルバーグ名作「激突の続編」の主演も、ゴールデンホーンでしたが、最高に煩くてキュートでした!
もし観ていらしゃらなければ、機会があれば観てみて下さいな。
是も、日記怠り中で、感想は「ホーンが可愛かった!」というだけです。

2008年05月14日 thr_gristle URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。